コロナで中止。実はあったこんなイベント【RUN伴】

0
376

こんにちわ!

@niigataライターのゴトウです。(言ってみたかった)

毎日コロナのニュースで気が滅入っちゃいますね。

不安や悲しいニュースもありますが、日々時間は進んでいくもの。受け止めて、自分も前に進まなきゃなあと、ひしひし思うこの頃。明日から4月、新しい環境になる方も多いはず。

そんな最近私は、インドアな趣味を再開拓して、読書やお菓子作りをしてみたり、

外の空気も吸いたくて近所をお散歩しながら、車ではいつも通り過ぎていたお店を見つけて入ってみたり、そんなこんなで気を紛らわしております。

焼いたチーズケーキの写真に書いた顔。我ながら、緩い。。(笑)

 

はてさて。

新潟酒の陣をはじめ、三十路式などご紹介していたイベントも中止、延期になりました。

残念ながら開催できなかったイベント、でも知ってもらいたい。。。

そんな想いでこちらをご紹介します!

 

RUN伴 !!

私が知ったのは3年ほど前。

お仕事の関係のつながりで、ボランティアでお手伝いと参加したのがきっかけです。

毎年全国で開催されていて、今年は記念すべき10回目のはずでした。

 

どんなイベント?

NPO法人フレンドシップクラブという団体が主催しています。

「RUN伴(ランとも)は、今まで認知症の人と接点がなかった地域住民と認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベントです。」(公式ページより抜粋)

詳しくはこちらを!↓↓

RUN伴

RUN伴のテーマカラーであるオレンジのたすき、Tシャツを使用してリレーしながら、人と人、地域をつなぎます。

その方法は各地で様々。

RUN……走るイベントなんでしょう?と思いがちですが、走らない参加のかたちもありました。公園でバーベキューしながら交流する場を設けたり。ランナーには沿道にご当地キャラが応援に駆けつけたり、写真撮ったり、それはそれで楽しい。

私はこれをきっかけにお仕事の人脈が増えて、うれしかったです。いろんな人の感性に触れることって、学びが多いなあって思ってます。

地域活性の要素もあるし、個人的にはスゲーのイベントだと思っています!

 

認知症に限らず、暮らしやすい地域をつくる取り組みってほんと大切だと思います。

年代関係なく子供から大人、高齢の方もそのほかも。みんなが理解しあって安心できる暮らしができるといいなあ。