皆さんこんにちは。

 

なかなか終息しないコロナウイルスに

頭を悩ませているのはわたしだけではないはず。

出かけたい!飲みにいきたい!東京に行きたい!

しかし、今が踏ん張りどき。

少しでも早く終息するよう行動していきたいですよね!

 

皆さんはおうちでなにをしますか?

 

そんな中、ツイッターやインスタでは

「おうちで過ごそう」という言葉が今話題になっています。

皆さんは「おうちで過ごす」というと何をしますか???

 

・自分でつまみを作って昼から飲む。

(使っている途中で飲み始めちゃってつまみができる頃には2本目ということもある)

・とにかくたくさんの映画を見る。

(途中で寝落ちして巻き戻してまた見れるのもお家だからこそ!)

・YouTubeでライブ映像を見てライブ気分を味わう。

(aiko、サカナクション、ジャニーズなど最近よく見てます)

・断捨離をして家中をきれいにする。

(これが一番したいんだけどなかなかできずにいる、、、)

 

この他にもいろいろな過ごし方があると思います。

また、「やる事がない」「とにかく暇」そんな方もいるはずです。

 

やる事がない方におすすめの過ごし方

 

そんな「やる事がない!」という方へ

こんな時なのでぜひ「読書」を始めてみませんか?

本を読むのはいいとわかってるけど

なんの本を読めばいいのかわからないという方へ

おすすめの本をご紹介します!

 

星の王子さま/サン=テグジュペリ

小学校の図書室にもあったこの本です。

誰もが一度は目にしたことがあるはず!

わたし自身も小学校の時に一度読んだことがあり、

そのときは意味があまり分からずだった記憶がありますが、

大人になってから読んでみるとストーリーの深さが心に染みました。

「大切なものは目に見えない」がキーワードになっているお話です。

お子さんがいる方はお子さんと一緒に読んで、

感想を言い合うのも楽しそうだなと思います!

所要時間1時間〜2時間

読みやすさ★★★★☆(小さい子でも読みやすい)

心に染みる★★★★★(素敵な言葉がたくさん見つかります)

 

手紙屋/喜多川泰

就活生に向けて書いてある本ですが、

今社会人で働いている方やこれから社会人になる方などにもぜひ読んで欲しい本です。

自己啓発本ですが、ストーリー性があり読みやすいのが特徴です。

ストーリーは就活生の主人公が就活の時期になってもなかなか前に進めずにいる、

そんな時に手紙屋という存在を知り手紙屋と出会うというお話です。

手紙屋は、前に進みたいけどきっかけが掴めずモヤモヤしている方や

生き方や毎日の過ごし方を変えるきっかけが欲しい方など、

そんな方々と言葉を通してきっかけ作ることを生きがいにしています。

主人公と手紙屋の言葉のやり取りを通して、

自分自身も毎日を振り返ったり新しいことに気付けたりできるそんな本です。

所要時間1時間30分程度

仕事に悩んでいる人におすすめ★★★★★(仕事観について考えさせられます)

自己啓発本が苦手な人におすすめ★★★★☆(小説を読むノリで読めます)

 

ナナメの夕暮れ/若林正恭

この本は皆さんもご存知の

オードリーの若林さんが書いているエッセイです。

エッセイを集めたものなので短いお話がたくさんあるという点で

あんまり本を読まない人にも読みやすいです。

お笑い芸人さんなので文章も面白く、

文章を書くのが上手いなあとしみじみ思います。

そんな中で若林さんの「モノの見方」や「感覚」には

共感するところが個人的に多くありました。

「変わってるね」と言われることが今まで多かったのですが、

その言葉がプラスの言葉に聞こえるようになったのはこの本を読んでからです。

所要時間1時間〜2時間

オードリーが好きになる★★★★★(これを読んでからオードリーと若林さんに勝手に親近感を持ってます)

人間って面白い★★★★☆(ただの人間観察より深いことを知れるのでいろんな人がいるんだなってなります)

 

こんな時だからおうち時間を有意義に過ごそう

 

本を最近読んでないよという方にも

読みやすい本を3冊挙げてみました。

おうち時間のお供にぜひ本を読んでみてください!